本当の自分に目を向ける

tatsuです。今日は修士論文のための文献を探しに近くの大学の図書館に行ってみました。我が家は近くにたくさん大学があるので図書館が利用できるのはとても便利!しかし、僕が読みたい心理学系の本は数が少なく、修士論文のためには使えなさそうでした・・・。

さて、今日は「本当の自分に目を向ける」というテーマで記事を書いてみようと思いました。忙しくしていると自分を見失います。

今、僕はフルタイムの仕事をしながら修士論文と実習をしています。とても充実した時間を過ごせているのですが、僕の注意はいつも外に向いていました。特に実習と修士論文は毎日気にしていることで、なかなか今の生活から切り離せません。

今日、僕はリトリート(retreat)の必要性を感じました。リトリートとは、普段の忙しい環境から離れて自分と向き合い、フレッシュな気持ちになることです。仕事や普段の生活のことを考えずにリラックスして、心に栄養を補給します。どこか自然の綺麗なところに行ったり、美味しくて栄養のあるものを食べたりします。これはセルフケアにも繋がりますね。

僕の場合、今はなかなか遠出する時間的余裕がないので部屋でリラックスできる音楽をかけます。そして、目を瞑ってなるべく何も考えないようにして今の自分を感じます。そうするといろんな自分を発見します。

緊張している自分を感じたり、身体が重たくなるのを感じたり、なぜか涙が出てきたり、愛に包まれるような感じがしたり。

これらはどれも本当の自分です。

僕は実習や修士論文に注意がずっと向いていたため、本当の自分が置いてきぼりになっていました。

本当の自分が置いてきぼりにされると、気づかないうちにストレスが溜まり、それが色んな形になって出てくると思います。例えばイライラして人に当たったり、悲しくなったり、風邪をひいたり。

一番大事にしないといけないのは本当の自分。本当の自分が元気であれば、きっとエネルギーが湧いてもっと活動的になるはず。

みなさんも是非やってみてください。

リラックスできる曲をかけて(僕はyoutubeでbeutiful piano music 24/7をかけました)、ソファで楽な格好をしてみてください。クッションを抱くとより安心できるかもしれません。頭を空っぽにして今の自分を感じてみてください。きっとリフレッシュできると思います。

みなさんの心と身体が休まりますように。今日もお疲れ様でした。

tatsu

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です